[雑記]2021-03-20

「夢のひみつ展」に行ってきました。
銀座のミレージャギャラリーで3月17日〜3月22日まで開催されているグループ展です。
いつも152Hzの作品に素敵なイラストを書いてくださっているみちょさんが参加されています。
昨年、大阪で個展を開催された際の新作を見ることができるとの事で行ってまいりました……!
個展にはコロナの影響もあって行くことができなかったので本当に念願の対面で、書きたいことや紹介したいことが溢れていたのでブログにまとめさせていただくことにしました。


平日だったことや、ちょうどよい時間帯に行ったこともあり、作品を独り占めしてずっと眺めていました。

個展の際にメインビジュアルにもなっていた「Machromatica」
全体はみちょさんのPixivにも上がっています。
思いつく限りの”美しいもの”が描かれた印象の一枚で、デジタルで見ていた時よりもさらに鮮やかな作品でした。
そしてデジタルで見ていた時はレースやリボンの豊かさばかり見ていたのですが、生で見てズキュンときてしまった小鳥たちの筆遣い、そして羽根の美しさ……!!みちょさんの鳥類へのこだわりと愛を感じました。


こちらは連作「調和の魔術師」より天文学。
背景のあらゆるところに星座やそれにまつわるモチーフが描かれているのがたまらなくそそられる……!!
ホロスコープになっているのも素敵だなぁと思ったのですが、システィーナ礼拝堂の天井画を思い浮かべました。
天を司る魔術師ですが瞳を地に向けている構図が、天から見下ろしているような感覚で好きだったりします。


連作「調和の魔術師」より音楽。
うまく言えないのですがこんな色合いだったのか……!!と生で見た色合いの違いに驚かされました。
ブロンズと少しくすんだようなピンクの柔らかい色合いが想像以上に美しくて見入ってしまいました。
音楽記号を使わずに音楽を表現してあるのですが、メロディの流れを感じる作品でした。


連作「調和の魔術師」より幾何学。
全体はポップで明るい色合い、なのに見てくださいこの表情っ……!!
冷ややかな目、なのにここでもカラフルなメイクを施されていて、そのギャップがすごい好きです。
色合いもですが、様々な模様が背景いっぱいに散りばめられていて、見つけるのが楽しくなる作品でした。


ツイートで拝見した時から最も好きなお顔で一目惚れしていた一枚。
連作「調和の魔術師」より数学です。
他の3作に比べて、色合いは落ち着いていて、整然とした雰囲気が漂っていました。
ただその整っていることの美しさと言うか、それこそが数学なのかなあと思ったり。
あとこの写真だと写っていないのですが、右上に黄金比らしいモチーフがあったり、おそらく私がわからないだけでたくさんの数学に関するモチーフがかくされているんだろうなぁ……といつかみちょさんんご本人に問い詰めたい気持ちです。


連作にはメタリックの絵具が使われていて、写真ではそのキラキラが表現できず悲しいので以前みちょさんがされていたツイートを貼っておきます。
このキラキラがふんだんに使われてます。本当に綺麗でした……。


そして「調和の魔術師」で描かれている魔術師たちの全身もみちょさんが描かれているのでそれも是非見て欲しいです(宣伝


最後にもう一つ宣伝をさせていただきたいのですが、こちらの作品が掲載されている作品集がアリスブックス様で発売されているので、気になった方や近くで見たい……!!という方は是非お手にとってみてください。
Machromatica 通販ページ(アリスブック様)

でも22日まで銀座のミレージャギャラリーにて観ることもできるので、できれば生で見ていただきたい……!!
やはり、画面上や紙面上ではわからない表現が筆の勢いだったり、絵具の厚みだったりに見えてくるのでお時間のある方は足を運んでいただきたいです!